ヒアルロン酸とは?特徴や効果副作用の危険性について解説

ヒアルロン酸のイメージ画像

 

このページでは、大人気のクレンジング泡ジェル商品、シンリーボーテに含まれる成分、ヒアルロン酸について解説します。

 

ヒアルロン酸といえば、おそらく誰もが聞いたことある成分で、なんとなく、「肌に優しい成分」と知っている方は多いと思います。

 

ところで、あなたはヒアルロン酸が肌にどんないい効果をもたらしてくれるか、具体的に知っていますか?

 

それがわかると、シンリーボーテの魅力が3倍増しになります!!

 

本当にそれくらい、大げさでなく、シンリーボーテのヒアルロン酸の配合はとっても魅力的なんです。

 

というわけで。

 

このページで、ヒアルロン酸の特徴や効果、副作用の危険性に至るまで徹底的に解説しようと思います。

 

ヒアルロン酸とは?

疑問に感じる女性

 

まずは、

 

「ヒアルロン酸とはなにか?」

 

ということについて解説します。

 

ヒアルロン酸とは、英文名、HYALURONIC ACIDといいます。

 

別名、ヒアルロン酸ナトリウム(Hyaluronate Sodium)や、ヒアルロナン(Hyaluronan)、Hyaluran,Sodium Hyaluronateともいいます。

 

ヒアルロン酸そのものは、もともと体内に存在する物質で、コラーゲンやエラスチンと結びついて肌を保湿する役割などを果たしています。

 

しかし、体内のヒアルロン酸は20歳頃から減り続けてしまって、60歳位には若いときの半分くらいになってしまうと言われています。

 

そのため、サプリメントなどで、ヒアルロン酸を摂取する必要があるんです。

 

そんななか、シンリーボーテは2種類のヒアルロン酸を配合しています。

 

  • 加水分解ヒアルロン酸
  • スーパーヒアルロン酸(アセチルヒアルロン酸Na

 

この2つのヒアルロン酸を配合することで、肌の保湿とハリを生む効果を同時にもたらしてくれるんです。

 

もう少しだけ、専門的な話をすると、ヒアルロン酸を含んでいる化粧品は世の中に多数ありますが、ほとんどが「分子量」が多くて実は肌に届いていないんです。

 

知ってましたか?

 

そんななか、シンリーボーテが配合している加水分解ヒアルロン酸は通常の約100分の1のナノサイズまで小さくしているので、肌に浸透しやすくなっているんです。

 

そうして、シンリーボーテを介して肌の奥まで浸透した加水分解ヒアルロン酸が、肌のなか(真皮)にあるヒアルロン酸に作用して活性化。

 

つまり、肌の中からうるおいをもたらしてくれるのが加水分解ヒアルロン酸の働きです。

 

また、シンリーボーテはスーパーヒアルロン酸(アセチルヒアルロン酸Na)を配合しています。

 

こちらのヒアルロン酸は、分子量約10万といわれていて、この数値が示すとおり、肌の奥まで浸透することはありません。

 

ただし、肌の表面にとどまり続けて、肌の外からバリアを張って様々な刺激から肌を守ってくれるということです。

 

シンリーボーテの一番の特徴は、加水分解ヒアルロン酸とスーパーヒアルロン酸の働きなんです。

 

ヒアルロン酸の効果は?

肌にシンリーボーテを塗る女性

 

続いて、ヒアルロン酸の効果について書いていきます。

 

ヒアルロン酸には主に2つの効果があります。

 

保湿効果

シンリーボーテに含まれるヒアルロン酸には高い保湿効果があります。

 

さきほども書いたように、加水分解ヒアルロン酸が肌の内側から潤いを与えてくれます。

 

しかし、いくら肌の内側がうるおっても、その水分が外に逃げてしまったら意味がないですよね。

 

そうならないように、シンリーボーテは、スーパーヒアルロン酸を同時に配合することで内側でできた潤いを外に逃さないようにしっかりと守ってくれてるんです。

 

だから、シンリーボーテを使った人は、いつも肌が潤っているんですね。

 

シワ改善効果

そもそもシワは、真皮のなかのヒアルロン酸が減少して皮膚が落ち込むことによって生じます。

 

つまり、シワをなくすためにはヒアルロン酸を摂取することが必要ということです。

 

実際、特定のヒアルロン酸製品を笑線に注射すると、最長1年、シワが薄くなることが、ある実験で示唆さているようです。

 

よくある「ヒアルロン酸注射」というのもシワの除去で行われることが多いですよね。

 

ヒアルロン酸を摂取することはシワの改善にも繋がるんです。

 

ヒアルロン酸の副作用の危険性は?

心配する女性

 

ヒアルロン酸の副作用の危険性についてですが、適量の使用であれば、ほとんど心配ありません。

 

まれに、ヒアルロン酸摂取によりアレルギー症状を起こす場合があるようなのですが、めったには起こりません。

 

むしろ、ヒアルロン酸摂取によって副作用が起こるケースは、中途半端な分子量のヒアルロン酸を摂取した場合に起こりやすいようです。

 

例えば、1200分子のヒアルロン酸を摂取した場合、アレルギー症状を起こすという報告があるようですが、少なくともシンリーボーテに含まれるヒアルロン酸では副作用の危険性はほとんどありません。

 

ヒアルロン酸のまとめ

肌が潤った女性

 

ここまで、ヒアルロン酸の特徴や効果、副作用についてまとめてきました。

 

シンリーボーテに含まれるヒアルロン酸がいかに肌の保湿に効果的であるかがわかっていただけたのではないでしょうか?

 

簡単にまとめると・・・

 

  • ヒアルロン酸はもともと体内に存在する物質
  • 年齢とともに減少する
  • シンリーボーテに含まれるヒアルロン酸は2種類
  • 加水分解ヒアルロン酸とスーパーヒアルロン酸
  • ヒアルロン酸には肌を保湿する効果、シワを改善する効果が期待できる
  • 適量であれば副作用の危険性はほとんどない

 

ということがわかります。

 

シンリーボーテを使った人が、いままでにない自分の肌に驚いているのはこのヒアルロン酸のおかげでもあるんです。

 

そんなシンリーボーテについては、こちらのページでまとめているので、ぜひ参考にしてください。

 

【効果なし?】シンリーボーテの口コミ。クレンジング泡ジェルの評判は?